浮腫や乾燥肌も医療の発達と共に今後治療法が確立されつつある

美容外科が発展するまでには大きな時間がかかった

我が国における美容外科の歴史では、美容外科が「紛れもなく正式な医療」との見識と地位を獲得するまでに、意外と年月を要した。
顔色を良く見せたいと考えて自己流のフェイシャルマッサージをする人もいますが、目の下の皮膚は敏感で繊細なので、強く力をかける乱暴なフェイシャルマッサージであれば良い効果は期待できません。
ピーリングというのは、役目を終えた角質層を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)することで、新しいきれいな皮膚(表皮)に入れ替え、新陳代謝を28日周期に近付けようとする分かりやすい美容法です。
顔の加齢印象を強める主要な要素の一つが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。歯の表には、目には見えない凹凸があり、日常の暮らしの中でワインなどによる着色や食物カスの汚れがこびり付いていきます。
肌の美白ブームは、1990年代の初めからすぐに女子高生などに人気を博したガングロなど、不自然なほど酷く日焼けするギャル文化への反論とも取れる思いが含まれているのだ。

 

美容外科と形成外科の違い

正常な肌の新陳代謝は28日毎のサイクルになっており、日々細胞が作られ、常時剥落し続けています。このような「毎日の生まれ変わり」のおかげで皮ふは若々しさを保ち続けています。
スポーツなどで汗をかいて体の中の水分が少なくなってしまうと自然に尿が減らされて代わりに体温調節に必要な汗用の水分が蓄えられるため、この予備の水分が使われずにむくみの要因になると考えられています。
美容外科(cosmetic surgery)とは、とどのつまり外科学の中の一分野であり、医療としての形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは違っている。また、整形外科学(orthopedic surgery)と勘違いされることがよくあるがこれとはまったく分野の異なるものだ。
メイクアップの長所:新製品が出た時の楽しさ。メイク前のすっぴんとのギャップが愉快。いろんなコスメに費用をかけるとストレスが発散される。メイクをすることそのものの好奇心。
さらに日々の暮らしのストレスで、心にまでも毒素は山のように蓄積され、同時に体の不調ももたらしてしまう。「心身ともに毒だらけ」という不安こそが、我々をデトックスに駆り立ててやまない。

 

浮腫や乾燥肌も医療の発達と共に今後治療法が確立されつつある

健康体に起こる浮腫だが、これはもっともなこと。ことさら女性は、脚のふくらはぎのむくみを防ぎたがるが、二足歩行の人間であれば、下半身の浮腫自体は一般的な状態なので気にしなくても良いのである。
足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関係でリンパの流動が悪くなるのが普通である。というよりも、下半身がむくむのはリンパがやや鈍くなっていますよというしるし程度に解釈するほうがよい。
乾燥肌による痒みの原因の大方は、老化によるセラミドと皮脂の下落や、ハンドソープなどの頻繁な洗浄による肌のバリア機能の消失によって引き起こされるのです。
デトックスという言葉は代替医療や健康法の一種として考えていて、治療とは違うということを知っている人は意外と少ないらしい。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような症状と繋がりがある事のうちことさらお肌の激しい炎症(湿疹等)を認めるものでありこれも皮ふ過敏症の仲間なのだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました